桜 修 館 受 験 対 策 セ ミ ナ ー

第1回 桜修館 受検、まずはここから!
公立中高一貫校とは?

 〜 第1回 公立中高一貫校とは? 〜 

桜修館受験生のみなさん、こんにちは。

桜修館セミナー 講師の山田です。

「 子供の桜修館の受検を決めたが、
具体的にはなにをすればいいの? 」

「 なにから始めたらいいの? 」

そんなお父さま、お母さま、
まずは、公立中高一貫校の特徴、適性検査の内容と
私立中学との違いの特徴を把握することから始めましょう。


  

 ■ 公立中高一貫校の特徴 

 
公立中高一貫校とは中等教育が分断されないよう、
中学校・高校の6年間が同じ環境と切れ目のないカリキュラムで一貫して学べる学校です。

大きくは
□ 併設型
□ 中等教育学校
□ 連携型
の3種に分かれ、桜修館は「中等教育学校」にあたります。

中等教育学校の場合、高校からの生徒募集は行われません。

ですので、桜修館に通うなら中学受験でしかチャンスはありませんね。

ちなみに併設型は県や市など設置者が同じ中学校と高校を接続した形態、
連携型は、同地域や周辺地域などの中学校と高校が連携している形態のことです。

私立中学に比べ、学費も違います。

最初の3年間は無料、後半の3年間は一般の公立高校と同じ程度。
ご家庭の経済的に助かりますね。 ( ^ ^♪

 ■ 「学力試験」と「適性検査」の違い 

次は、公立中高一貫校と私立の中高一貫校の
入学者選抜方法について考えてみましょう。

私立中学の「学力試験」は学校ごとの科目試験が行われます。
それに対し、桜修館では「適性検査」が行われます。
「受験」ではなく検査を受けるので「受検」と表記されます。
 
適性検査は私立中学校で行われる教科別の学力試験と違う、
思考力重視の教科横断型の問題です。
その中にはほとんどの受験生が苦手とする作文も含まれます。

科目横断型の「適性検査」は複数教科の知識を活用し、
論理的に考える力、表現する力が必須です。

また、大量の文章やグラフなどの資料から必要な情報を取り出す情報処理力、
それに加えて高い計算力も求められます。

勉強をすれば誰でも合格できる!・・・・・・のではなく、
完全に桜修館に対応した適切な対策をする必要があるのです。

また、東京都の公立中高一貫校の適性検査日はすべて同じ日のため、
公立中高一貫校を受検できるのは1校!

もちろん私立との併願は可能です。

でも、適性検査と教科別の学力試験とはまったく違うものですよね。

だからこそ、桜修館を第一志望にし、徹底した「受検」対策が必要なのです。

 ■ 桜修館受験に対策すべきこと 

ここで桜修館の検査項目を確認。
      
① 報告書

9教科の評定を中心に特別活動や行動、
出欠などを小学校の先生が記録した資料を提出します。
桜修館受検では5年、6年の2年間が対象になります。
     
得点に換算されるので、しっかりいい成績を取りましょう。

② 適性検査Ⅰ(作文)

与えられた文章の内容を読み取り、
関する課題について、自分の体験や経験、知識を絡め、
400~450字程度の作文をします。

③ 適性検査Ⅱ

東京都立中高一貫校の問題が一部、
共通化されています。

受検生の小学校での学習内容の定着度と応用力が見られます。

資料(統計資料、写真、図)や文章から、
内容を理解し、自分の考えを論理的に表現する力がテストされます。

従来の小学校の授業では習わない分野ですね。

特に桜修館は公立中高一貫校の中でも特に文字数が多いので、
文章の読解力に加え、情報処理の速さが必須です。

学校の先生や生徒の会話により問題が進んでくケースがよく見られ、
解答も記述式の形式の問題がとても多いです。

社会問題や時事問題もよく出題されます。
なんとも対策しなければならないことが山積みですね。

日常の新聞やニュース、親子の会話などを通して幅広い知識を身につけていること、
自分の意見をしっかりと持つこと、
他者の意見に耳を傾けられるかどうかが重要なポイントです。

>> 次回は桜修館受検の合否を分ける報告書について

さぁ、しっかり対策を行い、
桜修館中等受験合格を勝ち取ろう!


受験相談・無料体験授業 今すぐお電話ください。